植毛手術後に長持ちさせるコツ

植毛をお考えなら

植毛手術後に長持ちさせるコツとは

植毛手術後に長持ちさせるコツとは 植毛後に施術部位を長持ちさせたいのなら、日常生活に気を配ることが大切になります。
植毛手術を受けてから2週間後までは特に重要だという事を念頭に置いてください。
具体的な方法としては、施術を講じた部位を清潔にし、できるだけ早くかさぶたができるように環境作りをしてあげるべきです。そして、同時に感染症を予防する目的で頭皮を清潔に保ち続けることも大切なことです。
しかし、清潔を意識し過ぎるあまりシャンプーの際に負担を与えてしまい、逆効果になる恐れもあります。
一般的なシャンプーの仕方でも植毛後は負担になってしまう事から、移植を講じた部位については液剤を使用しない方が長持ちします。難しく感じられてしまいますが、コップに温いお湯を汲み手でかけたり、蛇口を絞りながらシャワーを弱く使うと良いです。
中にはシャンプーボトルのような容器を買い求め、お湯を注ぎ入れてポンプを押して水分をかけるという方も居ます。
その他の部位もこの機会に低刺激性なものに変更すると良いでしょう。

植毛手術後にやるべきアフターケアとは

植毛手術後にやるべきアフターケアとは 男性型脱毛症を改善するのには自毛植毛などの治療が有効です。
しかし、植毛手術後にしっかりアフターケアを行わなければ、傷跡にトラブルになってしまうったり、毛の定着率が悪くなってしまいます。手術後は翌日にクリニックに行き、傷口を確認するケースもあります。
シャンプーは手術の三日後程度から始めます。頭皮環境が悪ければ炎症が起こってしまいます。炎症が起こると毛根にも影響が出てきてしまい、植えた髪も脱毛してしまうこともあるため毎日一回のシャンプーはしっかり行います。
手術後に市販の洗浄力の強いものを使ってしまうと傷口を痛めてしまいます。そのため赤ちゃん用か低刺激なタイプのもを利用するのがオススメです。
整髪料は手術後10〜14日以降、パーマやカラーリングも1ヶ月以降を心がけます。
また、定着率を上げるためには、なるべく髪の毛の成長する夜10時〜2時までに寝るようにし、ストレスをためず、タバコを控えて、なるべく脂質の少ない食事をしていくことが良いとされています。